良い不動産に出会う方法│サポートも受けながら探そう

良い条件で売却するために

握手

競売を回避

住宅ローンの返済が滞ると、融資している債権者によって、住宅が競売にかけられます。そして競売によって入ってきたお金が、返済に充てられることになるのです。しかし競売では多くの場合、市場価格よりも安く住宅が売却されます。そのため返済に充てたとしても、完済できずに多くの借金が残ることもあります。これを回避するためにおこなわれていることが、任意売却です。任意売却とは、債権者との交渉で競売を待ってもらい、より良い条件で購入してくれる人を探して売却することです。競売よりも高値で売却できる可能性が高く、その分住宅ローンの返済が進みやすくなるのです。とはいえ債権者との交渉も、買い手を探すことも、簡単にできることではありません。そのため多くの人が、専門業者にサポートを依頼しています。人口が多い分、任意売却の希望者も多い大阪では、サポートには特に高い需要があります。

依頼するメリット

大阪では、競売にかけられる住宅の数が減少してきています。リーマンショックにより一時的に増加しましたが、その後は再び減少し始めました。これは、大阪で任意売却をする人が増えたことが理由のひとつとなっています。任意売却では、競売よりも高めに住宅を売却できるだけでなく、ある程度の現金を手元に残すことも可能となっています。一般的には住宅の売却が決まれば、速やかに新しい住居を見つけ、引っ越しをしなければなりません。しかし売却によって得たお金は返済に充てることになるので、新生活準備の費用を捻出することは困難です。ところが専門業者にサポートを依頼すれば、債権者との交渉により、売却によって得たお金の一部を、新生活準備に充てることが可能になるのです。こういったメリットからも、大阪では専門業者のサポートを利用して任意売却をおこなう人が増えているのです。